漫画 無料で読む方法

アオイホノオを漫画村より安全に無料で読む方法紹介!

2014年には実写ドラマにもなった青春マンガ「アオイホノオ」

そのアオイホノオを近頃流行っている違法サイト「漫画村」や、Zipファイルなどで違法ダウンロードするのはとても危険です。

合法かつ無料で読める方法を紹介したいと思います。

アオイホノオの作品概要

  • 作者:島本和彦
  • ゲッサンにて連載中
  • 出版社:小学館
  • 単行本:18巻

島本和彦先生の大学生時代をモチーフにした作品ですね。

アオイホノオを漫画村で読むのは危険

漫画村の管理人は「漫画村は違法性がありません」などと詭弁をしていますが明らかに違法です。

著作権者に許可無く漫画をアップロードしてアクセスを集めているわけですから。

漫画村を利用していると「ウイルスに感染しました」「バッテリーが故障しました」などのウソ警告が表示されることが多々あります。

そのウソ警告には、「ウイルス除去できるアプリをインストールしろ」とか「ただちにセキュリティサポートセンターへ電話しろ」などと書かれています。

警告どおりに行動してしまうと、本当にウイルス感染したり、クレジットカード情報などの個人情報を盗みとられてしまう可能性が出てきてしまいます。

日本人はセキュリティ意識が低く、悪意ある人間から標的にされやすいのが現状です。

GENOウイルス

2009年、ブラウザを閲覧しただけで感染するという恐ろしいマルウェアが見つかりました。

個人サイトのほか、JR東日本などの大きな組織のサイトも感染し一時ネットニュースにもなりました。

2009年以降、感染したという報告はでいませんがいつまたこのようなウイルスが猛威を振るうかわかりません。

漫画村のようなサイトにも、いつGENOウイルスのようなマルウェアを仕込まれるかわかりません。

なんにせよ、漫画村のようなサイトを使用しない方が一番です。

下記は2009年当時のニュース記事です。

Gumblarウイルスは、ウイルスに感染させるスクリプトがWebページに埋め込まれており、脆弱性のあるPCでそのページを閲覧した場合に感染するという、仕組みとしては最近流行しているパターンのウイルスだ。しかし、このウイルスの問題は、感染したPCのユーザーが自身のサイトを開設している場合、そのサイトにもウイルスが埋め込まれ、被害者が加害者になりうることにある。
参照元:https://internet.watch.impress.co.jp/cda/special/2009/05/21/23523.html

アオイホノオを無料かつ安全に読む方法

漫画を無料で読みたいのなら合法かつ無料で漫画が読めるサイトを利用することをオススメします。

安心安全に、そして無料で読めるサイトというのは実はけっこうあるのです。

そういったサイトはかなりの数があるので、登録しておいたほうがいい3つのサイトを紹介したいと思います。

これから紹介するサイトは有料のサービスではありますが、初めて登録今だけ31日間は無料で利用できます。

かなりの数の動画・漫画が無料で読むことができますネットで検索すると違法アップロードされた動画・漫画もありますが、そういうの使うのって怖いですよねー。

違法アップロードサイトで逮捕者が出たという話も聞きます。ウイルスやマルウェアに感染するようなケースもあります。

music.JP

サイトの名前からして音楽のサイトかと思いがちですが、最近では動画や電子書籍も配信しています。

最近CMでも話題のサイトですよね。

30日間の無料キャンペーンをしているほか、3冊分の漫画が無料で読めるキャンペーンをおこなっています!

配信数は国内最大級で話題作、人気作を揃えています。

オススメなので下記ボタンから、ぜひ詳細を確認してみてください。

↓はやく漫画を無料で読みたい方は下記のボタンをクリック
無料お試しで漫画を読む⇒

U-NEXT

U-NEXTは基本的には有料のサービスです。

しかし今まで登録をしたことのない人であれば初回登録特典で1000円分の漫画を無料で読むことが可能です。

読める漫画は20万冊にのぼり、最新作や話題作のほか、古い名作も読むことが可能です。

つまりワンピースや進撃の巨人の最新刊から、ブラックジャックといった名作も無料で読めるのです。31日になる前に解約すれば、無料で読むことが可能!

解約はかなりカンタンにできます。もしわからない場合は「よくある質問」「問い合わせ」にあるリンクからいけば問題ありません。


↓はやく漫画を無料で読みたい方は下記のボタンをクリック
無料お試しで漫画を読む⇒

島本節炸裂の漫画

島本和彦の漫画といえば、やはり熱いセリフが特徴だろう。

言っている内容はめちゃくちゃなのに、なぜか心を動かされてしまった人は多々いるはず。

個人的に好きな言葉は以下のものですね。

「自分の信じているウソは――本当以上の真実だ!!」(吼えろペン)

「駄作で金をもらってこそ本当のプロ!!」

「やればわかる!!やらなければ一生わからん!!」

アオイホノオでも、度を越した熱さは健在であり、かつ二十歳前後特有の空回りと見事にマッチしており、共感してしまう部分が多々ある。

焔 燃(ほのお もゆる)

北海道出身の大阪芸術大学1年生。モデルは作者の島本和彦本人。

ある程度画力には自信があるようで、周りの学生を謎の上から目線で評価することが日常化している。

だが本来の実力はたいしたものではなく、第一話にて庵野秀明が作画したハイクオリティなアニメーションに打ちのめされている。

しかし、自分の前に凄い画力の人間がどれだけ現れようが自らのアイデンティティを守るため、様々な理屈をこねて「自分は凄い」と思い込む。

ある意味、この図々しさと言うか我の強さがあるからこそプロの漫画家になれたのかもしれない。

僕はもともと漫画家を目指していた人間なので、焔燃の気持ちがわかっちゃいます。

夢や目標を目指す時って、根拠のない自信が必要になるんですよね。

そういう自信があるからこそ、夢や目標を持てるわけです。なければ持てない。

そして根拠のない自信ですから、自分より上の存在を知った時に一回崩れ去ります。

自信の崩壊は、夢を持つ者にとっては必ず訪れると言って過言ではありません。

通過儀礼とでもいいましょうか。

打ちのめされても、それでもあきらめずに復活できるメンタルが無いと目標や夢を達成することは

打ちのめされる事が一切なく漫画家をしている人は、一部の天才だけでしょう。

才能の無い凡人は、崩壊と復活を繰り返すことで強くなれるのです。(サイヤ人理論)

20代の頃に、なにか夢や目標を目指していた人は必ず共感できることでしょう。

庵野秀明

「アオイホノオ」のもう1人の主人公ですね。

アオイホノオを庵野目当てで読んでいる人も多いことでしょう。

エヴァやシンゴジラを監督した日本を代表するアニメーター・特撮監督。

学生時代から類まれなる才能を発揮していた庵野秀明。彼が所属していたアマチュア制作集団「DAICON FILM(ダイコンフィルム)」のエピソードも必見です。

庵野秀明のほか、岡田斗司夫や赤井孝美、山賀博之などなど、現在も活動している著名人の若かりし頃の話というのは、読んでいてとても面白いです。

-漫画, 無料で読む方法