キャラクター考察 漫画

ヒロアカのデクとお茶子(デク茶)は今後展開するのか?

最近ジャンプの僕のヒーローアカデミア、通称ヒロアカを読んでます。

いやー面白い漫画ですね。

ナルト、ブリーチが終了したいま、次の看板を背負うにふさわしい漫画だと思います。

で、その「ヒロアカ」の主人公である緑谷出久(デク)。そしてヒロインである麗日お茶子。

本編内でお茶子→デクという形で恋愛感情が描かれていますね。

今後デクとお茶子(以下デク茶)は発展していくことになるのでしょうか?

ヒロアカが基本無料で読めるアプリがあります!

それがジャンププラスです!毎日ログインしてジャンケンゲームに勝てばポイントがもらうことができ、そのポイントを利用すれば無料で読むことが可能です!

インストール自体も無料なので、まだインストールしていない人は下記のリンクからどうぞ!

iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
ジャンププラスをインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
ジャンププラスをインストールする→

スポンサード リンク


いまのとこ進展のないデク茶

ほのかにですが主人公デクに対して恋愛感情をいだきはじめたお茶子。

芦戸三奈の「もしかして恋?」という問いかけから本格的にデクを意識しはじめましたよね。

しかし、その後の仮免試験で恋愛感情はひとまず置いといて、デクと同じように自分の進む道を進もうと決めましたね。

「ヒロイン→主人公」のパターンだと、ヒロインの影が薄くなることが多々ありました。

テニプリの竜崎しかり、ヒカ碁の藤崎あかりしかり。(たとえが古くてすみません)

お茶子は今のところ、影は薄くなく主人公と対等の関係性を築けています。

しかし恋愛関係間でには発展しておらず、デクに関してはまだお茶子を恋愛対象として見てもいません。

おそらく、しばらくは恋愛的な展開はないでしょう。

というか、ヒロアカはメインがヒーローバトルものであり、ラブコメではないため、あまり描かれる機会はないでしょうからね。

麗日お茶子はよくも悪くも無難なヒロイン

お茶子はジャンプのメインヒロインにしては珍しく結構活躍しているヒロインだと思います。

ジャンプ漫画は男同士の戦いを描くことが多く、男の戦いというストーリーだと、どうしても女性はフェードアウトしがちです。

しかしヒロアカはお茶子の他、女性陣にも割と活躍のシーンが割り当てられてると思います。

で、お茶子はお茶子でしっかりと活躍しているなとは思うんですけど、なんていうか無難すぎる感じがするんですよねぇ。

梅雨ちゃんや芦戸三奈のほうがキャラが濃いし、見た目に反して女の子らしいというギャップもあってお茶子よりも魅力的だと思います(※あくまで個人的な意見です)

そう、お茶子は周りの女子キャラに埋もれているのだ!

メインヒロインの悲しい性(さが)だと思う。

ラブコメ物ではメインヒロインよりサブキャラの方に人気がでちゃう現象ですよ。

ToLoveるだってメインのララより、闇やミカンに人気がいっちゃったり、いちご100%では東城より西野に人気が出ちゃったのと同じ。

メインヒロインであるがゆえ、どんな読者にも受け入れられるキャラにされてしまい、結果的に周りの濃いサブキャラ群に埋もれてしまう。

お茶子も同じパティーンだと思うんですよねぇ。

おそらくストーリー的にはデクとお茶子は結ばれるんじゃないかとは思うんですが、個人的には梅雨ちゃんの方がいいんじゃないかと思います(デクケロ派)

だって梅雨ちゃんのほうがカワイイもの。

世間的にはどのヒロアカCP(カップリング)が多いのか

自分の好きなカップリングができると、自分と同じ仲間はどれくらいいるのかって気になりませんか?

グーグルやPixivでデクとのカップリングで多いのは誰なのかを調べてみました。

スポンサード リンク


Googleでのヒット件数

まずはグーグル検索で、ヒットする件数を調べてみました。

記載するのはサジェストキーワードで表示されたものだけです。

デク茶(緑谷出久×麗日お茶子) 約165,000 件

デクケロ(緑谷出久×蛙吹梅雨) 約 2,950 件(デク梅雨 約 68,100 件)計71,000 件

デク百(緑谷出久×八百万百) 約 81,000 件

デク発(緑谷出久×発目明) 約 150,000 件

梅雨ちゃんとのカップリングはデクケロ、デク梅雨という名称があったので合計した数字を出してみました。

うーん、やっぱりメインヒロインだからかお茶子とのCPが一番多いんですね。

Pixivでのヒット件数

デク茶(緑谷出久×麗日お茶子) 90件

デクケロ(緑谷出久×蛙吹梅雨) 59件【デク梅雨では22件】 合計81件

上記の2つのCP以外では0件でした。

Pixivでは、上記の2つのCPが人気ということですね。

まとめ

上述したようにお茶子はあまり尖ったところがないヒロイんです。

良く言えば模範的なメインヒロイン、悪く言えば周りに埋もれがち、なんじゃないかと思います。

なにはともあれ、今後の展開に期待ですね。

スポンサード リンク


-キャラクター考察, 漫画