創作 感想記事 漫画

藤田和日郎の読者ハ読ムナ(笑)が熱いぜ!感想まとめ!

藤田和日郎が自身の漫画論を語っている本『読者ハ読ムナ(笑)』を読みました。

藤田和日郎といえば「うしおととら」や「からくりサーカス」の著者でおなじみですね。

漫画に対して非常に熱く、情熱をもって漫画かという仕事をしている藤田和日郎ですが、どのような漫画論を語っているのか気になって購入しました。

漫画家志望のみならず、漫画を描く者すべてにとって非常に良質な本だと思いました。

スポンサード リンク

『読者ハ読ムナ(笑)』の概要

『読者ハ読ムナ(笑)』は藤田和日郎と、担当編集者の武者正昭(むしゃ まさあき)が漫画論について語っている本です。

藤田和日郎が漫画家として漫画論を語るページと、武者正昭が漫画雑誌の編集者として漫画を語るページとに分かれています。

両者の語る漫画論は非常に参考になる部分が多く、漫画を描く者であれば脳汁がドバドバと出てきてしまうのではないでしょうか。

ただ参考になるとは言っても、『読者ハ読ムナ(笑)』のなかで語られている漫画論がすべてではないです。

藤田氏も本書のなかで言っているんですが、面白い漫画を描く方法論というのは数多くあり、それこそ漫画家の数だけ方法論はあります。

つまり、どうしたら面白い漫画は描けるのか?という正解は1つだけではないのです。

描く方法は人それぞれにあったものを選べばいいのです。

『読者ハ読ムナ(笑)』で語られている漫画論はそのうちの1つでしかありません。その1つを信じるか信じないか、信じて面白い漫画を描けるか描けないかはあなた次第といえます。

スポンサード リンク

『読者ハ読ムナ(笑)』の感想

『読者ハ読ムナ(笑)』を読んで、ここイイな!と思った部分をまとめていきたいと思います。

「漫画家になりたいんなら会話できんとさ!」

本書のなかで一番響いた言葉ですね。

藤田和日郎は「漫画家はコミュニケーションできないとダメ!」と言っています。

藤田氏の職場は無口禁止で、仕事中でも会話するように促しているようです。

なぜかというと、面白い漫画を描くには人と会話できなければ面白いものはかけないから。

漫画家というと部屋にひきこもりもくもくと漫画を描く姿をイメージしがちです。

まあ、実際引きこもってもくもく漫画を描くワケですが、描くからには面白い漫画を描きたいですよね。

しかし、なんの努力も無くいきなり面白い漫画を描けるのは一部の天才だけ。

天才でない者は、切磋琢磨してとにかく描かなければ面白い漫画を描くことはできません。

人に見せて、どこがつまらないか聞く。これの繰り返しをしなければ、天才以外は面白い漫画を描くことはできないと、藤田和日郎は語っています。

確かに自分の漫画のどこがつまらないのか、わかっていないと改善のしようがないですからね。

そしてつまらない部分を見つける一番の方法は他人に自分の漫画を見せること。自分では面白いと思っていても、他人にはさっぱり伝わらないなんてことよくありますからね。

また、藤田氏はコミュニケーションの中で「他人に興味を持て」とも言っています。

面白い話を考えようとしていくつかアイデアを練ろうとしたとき、思いつくアイデアの数には限界が出てきてしまいます。

アイデアっていうのは自分の頭の中からしかでてきません。もし自分の頭の中にあるアイデアがすべてつまらなかった場合、外から持ってくる必要があります。

しかし、面白い漫画のアイデアになりそうなネタを探すのって結構大変です。そんなとき、普段から他人のしていることに興味がわいているとその中に、意外と面白いネタ元があったりします。

だから藤田氏は「他人に興味を持て」と語っています。

これすごくわかる。ガチで漫画を描いている人ほど、藤田氏が語っていること、わかるんじゃないでしょうか。

読者ハ読ムナ(笑)の総評

さっきからベタ褒めしまくってますが、漫画を描いているのならば読んで損はありません。

スランプに陥っているような人、どうしたら面白い漫画を描けるのかと悩んでいる人などは、一度読んでみるといいでしょう!

スポンサード リンク

オススメのゲーム紹介!

オススメのスマホゲー

今かなり流行っているゲーム、それが「放置少女」です。

登場する武将は全員が美少女で、戦闘も完全オート!

装備やアイテムも自動回収と、ゲーム名のとおり放置していてもサクサク進みます。

とにかく装備の強化に時間を費やせるので、育成が好きな人にはオススメです!

もちろん基本無料で遊べます。

iOS(iPhone)を利用している方は下記リンクからダウンロードしてみてください。
ダウンロードはこちらから→→

Androidを利用している方は下記リンクからダウンロードしてみてください。
ダウンロードはこちらから→→

-創作, 感想記事, 漫画
-