感想記事 漫画

ドクターストーン第2話のネタバレ&感想まとめ!

2017/11/07

2017年3月13日発売のジャンプに掲載されたドクターストーン第2話のネタバレ有のあらすじ&感想をまとめていきたいと思います。

ネット上では「展開早すぎない?」とか「短期集中連載なのか?」と言われるほど、展開がけっこう早いです。

スポンサード リンク

ドクターストーン第2話のネタバレあらすじ

人類が石化し3600年以上経った地球。

大樹と千空以外の人間は石化したままだった。

なぜ石化が突然解けたのか、そして半年のずれはあるものの大樹と千空の石化がほぼ同時期に解けたことに不思議がる千空(おそらくストーリー上の伏線)

自分たち以外の人間や動物も復活させようと行動していた千空は、洞窟に住むコウモリの糞尿などから生成できる硝酸を採取していた。

採取した硝酸を、石化した小鳥にかけてみるものの効果は全くなかった。

「アルコールがあれば、硝酸と組み合わせて腐食液が生成でき石化を解かせる可能性がある」という言葉に、大樹はワインのもととなるブドウを使えばアルコールが作れることを思いつく。

さっそく二人はアルコール作成にとりかかる。ブドウを利用したアルコール生成は意外と簡単にできた。

しかし簡単に石化が溶けるようなことはなかった。しかし、それでも二人は諦めずに何回も何十回もアルコールと を製造することを試みた。

最初の実験から1年が経ち、百十数回目の試みがおこなわれた。

実験は成功し、石化していた鳥を元の状態に戻すことができた。

大樹と千空の二人は、今度は石化した人間を復旧することを考える。そして、最初に復旧させるのは大樹が告白しようとしたヒロイン、杠だった。

ドクターストーン第2話の感想

しばらくの間、2人だけで変わり果てた世界を旅するようなお話になって、その旅の果てに石化解除の方法を知るのかなというのをイメージしていたのですがだいぶ違う展開になりましたね。

まあ野郎2人だけのサバイバル漫画って、なんかつまらなさそうですからね(笑)

第3話ではヒロインや他の人間たちも復活するような話になるのでしょうか。

しかし今回は動物の復活ができただけであって、同じように人間が復活するとはかぎりません。

石化は解除したけど、まったく記憶が無いとか、石化解除した途端バケモノに変身するとか、絶望的な展開があるかもしれません。

またヒロインは復活するけど他の人間の石像は跡形も無くなってる可能性もあります。

読者の予想の斜め上を行く展開をしているので、第3話以降の展開も気になるところです。

スポンサード リンク

-感想記事, 漫画