漫画

漫画村の問題点!違法アップロードが本当の問題なのか?

以前このブログでも取り上げた漫画村。(以前の記事はこちら→

最近(2018年1月現在)になって漫画村が大きく取り上げられましたね。

ツイッターでは「ドメスティックな彼女」の流石ケイ先生が批判ツイートしてましたね。

『このままでは漫画でマネタイズできなくなる!』と言われている漫画村問題。今後どうなっていくのでしょうか。

スポンサード リンク


漫画村は違法でYouTubeは違法ではないのか

ツイッターで漫画村と検索すると、以前よりも漫画村を批判するつぶやきが多くなったなあ、と思います。

以前は、「漫画村で○○を読んだ。夜更かしが続いているわ」といった漫画村を肯定するつぶやきが多かったです。

ツイッター外でも漫画村を肯定する書き込みはありますね。

漫画村を肯定するような意見として「漫画村がダメというなら、YouTubeに違法アップロードされているものはどうなんだ?そういったものを見といて漫画村がダメと言ってるなら、それはおかしい」というものをみつけました。

確かにYouTubeに違法アップされている動画を見たことある人は多いことでしょう。

『漫画村は潰せ!』と言っている人の中には、YouTubeで違法アップロードされた動画等を見たことがある人もいると思います。

しかし、僕自身は漫画村の問題点は違法アップロードされているかされていないか、といったところではないと思います。

漫画村は運営元がハッキリしていない

YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトには、権利元に許可なくアップロードされた動画がいくつも存在します。

昔のほうが違法アップロードされた動画は多かったのですが、最近では動画サイトの運営元も厳しく対処するようになりました。

アップロードされている動画はあくまでユーザー個人がアップロードしており、動画サイトの運営元ではありません。

運営元に請求すれば削除は可能です。

この、運営元がハッキリしているかしていないかというのは非常に重要だと思います。

YouTubeの運営元はGoogle(正確には親会社)で、ニコニコ動画の運営元はドワンゴですよね。

どちらも信頼のおける一企業であり、テレビ局や映画会社などからの動画削除請求に答えてくれます。

しかし漫画村は運営元がハッキリしていないうえ、削除請求などに対応するかどうかもわかりません(ま、100%しないでしょうけどね)

漫画村とYouTubeの違いって、この運営元がハッキリしているかどうかだと思うんですよね。

もし漫画村がYouTubeのようにGoogleに買収されたら状態は一変するはずです。

スポンサード リンク


もともとYouTubeは2005年に設立されたサイトで、Googleとはなんら関係のないサイトでした。

設立当初のYouTubeには違法アップロードされた動画が数多くありました。

ボクは2006年ころにYouTubeを知りましたが、その時は日本のアニメ動画が(許可なく)たくさんアップロードされてましたね。

多くのユーザーがYouTubeは著作権侵害により権利元によって潰されるのではないか、と考えられていたようですが2006年中頃にGoogleに買収されたことにより状況が一変。

テレビ局や映画会社とのコラボなどをおこない収益化していきました。また違法アップロードに対する処置も徐々に厳しなっていきました。

このようにYouTubeも最初は違法アップロードが問題視されていましたが、運営元がハッキリしていたことにより企業とのコラボなどもできるようになったのです。

漫画村がGoogleに買収され、Googleが運営元(正確には親会社になるが)になれば、出版社とのコラボや連携なども容易になるでしょう。

莫大なアクセス数を誇る漫画村ですから、マネタイズはできると思うんですよね。

....とまあGoogleに買収されたらどうなるか?という話をしましたが、買収はありえないでしょう。

現状、運営している人間は自身の身元をハッキリさせようとせず逃げ回っている状態です。

運営者は日本人なのか、それとも日本語がわかる外人なのかすらわかりません。

国籍がなぜわからないのかというと、漫画村のIPアドレスを調べると海外のサーバーを使っていることがわかるからです。

日本人向けのサイトなのになぜ海外?と思っちゃいますよね。

漫画村はどこの誰かもわからないような人間が至福を肥やすために、身バレしないように逃げながら運営者しているサイトです。

YouTubeのように、企業と連携してなにかするようであれば、まだ許せますがそうはならないでしょう。

スポンサード リンク


まとめ

結局ボクが言いたかったのは、漫画村の問題点として、違法アップロードに対して一切の対応をしないという点です。

運営元がハッキリしていないので削除申請すらできない。

出版社も漫画村に対して動いているようなので、潰れるのももう少しなんじゃないのかなと思います。

漫画村を使うくらいなら漫画アプリで読んだほうがマシです。

本当に無料で漫画を読みたいのであれば、漫画アプリをダウンロードすることをオススメします。

ジャンプ漫画読める無料アプリ「ジャンププラス」

ジャンプ漫画が好きな人には「ジャンププラス」をオススメします。

ジャンププラスは、名前の通りジャンプ編集部が運営する漫画アプリ。

ハンターハンターやドラゴンボール、ワンピースなどが基本無料で読むことが出来ます。

インストールをしていない人は、インストール用ボタンを用意したのでご利用ください。

↓iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
ジャンププラスをインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
ジャンププラスをインストールする→

過去の名作やTwitterで話題の漫画が読める「マンガBAN!」

Amaziaという会社が運営している漫画アプリで、一昔前の名作漫画やTwitterで話題となっている漫画が読めます。

「サイコメトラーEIJI」「カイジ」「アカギ」といった過去の名作漫画を無料で読むことが可能です。

「お前はまだグンマを知らない」「王様ゲーム」「死役所」といった、ネット上で話題になった漫画が読めます。

↓iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
マンガBANG!をインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
マンガBANG!をインストールする→

ガンガン系の漫画が無料で読めるアプリ「マンガUP」

ロトの紋章や、荒川アンダーザブリッジなど、ガンガン系の名作漫画が読めるのが「マンガUP」

こちらも基本無課金で読むことが出来ます。

まだインストールしていない人はぜひインストールして見てください。

↓iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
マンガUPをインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
マンガUPをインストールする→

スポンサード リンク


-漫画