漫画 無料で読む方法

漫画村は違法だ!ウイルス感染するのか情報まとめ!

2018/01/20

2017年現在、ものすごい勢いで成長を続けている違法サイト「漫画村」

ジャンプやマガジンをはじめとした漫画作品やananなどの週刊誌あが完全無料で読めるとTwitterで話題です。

話題になっている反面、知恵袋などを見ると「漫画村は使用するとやばいのか?」と疑問を持たれている人もいるようですね。

今回は漫画村について触れてみたいと思います。

スポンサード リンク


漫画村を利用することは違法になるのか

改めて書きますが、漫画村は違法サイトです。

漫画村がなぜ違法サイトと言えるのか、その理由は著作権違法を犯しているです。

著作権違法というのは、漫画や雑誌などの著作物の利用を、権利者に許可なく利用することを指す。

処罰されるのは許可なく利用した者だけであり、利用された著作物(違法アップロードされた漫画や雑誌)を見ただけのユーザーは処罰の対象にはなりません。

処罰されないからといって利用していいかどうかの判断は、ユーザー一人ひとりの判断に委ねます。

漫画村を利用するとウイルスにかかるのか

漫画村のような違法サイトを仮に使用した場合、一番気になるのウイルスに感染するのではないかということ。

まず漫画村を使用しても、ウイルス感染することはありません。

漫画村で読める漫画や雑誌は、ZIPやRarといった圧縮ファイルでダウンロードするようなものではないです。

圧縮ファイルをダウンロードしたのであれば、そのダウンロードされたファイルの中にウイルスが存在している可能性はあります。

しかし漫画村はダウンロードするような仕組みにはなっていません。

ネットブラウザ上で漫画を読む形式となっています。

ブラウザ上で読む限りはウイルスには感染しません。ウイルスファイルが端末上に侵入することができないからです。

しかし、漫画村には広告がバンバン表示されていますよね。

その広告経由からアプリなどをダウンロードするとアプリと一緒にウイルスが入ってきてしまう可能性はあります。

漫画村はどこかの企業が運営しているのではなく、個人あるいは小規模な集団が運営していると見られます。

運営目的は広告配信による収入獲得であり、けっしてユーザーのために運営されているわけではありません。

よってユーザーの端末がどうなろうが知ったことではありません。

ちゃんとした企業であれば、ウイルス感染しないようにセキュリティ対策を万全にしておくでしょう。

スポンサード リンク


スマホで漫画村を閲覧してたら「ウイルス感染した」と表示される

スマホで漫画村を閲覧中に「ウイルス感染しました」というポップアップが表示されるケースが出ているようですね。

ツイッターで上がっている画像を見るとアドレスバーのURLが「subfreehotcellular.site」になっています。

まずここで考えたいのは、なぜ「subfreehotcellular.site」というURLに移動したのか?ということです。

漫画村のURLは現在「mangamura.org」となっています。

もし漫画村を閲覧中にウイルス感染したのであれば、URLは「mangamura.org」のままのはずです。

アドレスバーが変更になるのは、サイトを移動したときです。

つまり、「subfreehotcellular.site」に飛んだのは、ポップアップを表示させるためと考えられます。

本当に漫画村閲覧中にウイルス感染したとしたら、わざわざサイト移動などしなくともいいはずです。

実際、PCのウイルス対策ソフトを入れている場合、ウイルス検知してもサイトの異動っていうのはありませんからね。

仮にPCで「mangamura.org」閲覧中に、ウイルスバスターやシマンテックといったソフトがウイルス検知したとしてもURLは「mangamura.org」のままです。

そもそもスマホにはウイルス感染した際に、ポップアップで「ウイルス感染しました」という機能は備わっていません。(ウイルスの侵入を感知するようなアプリを入れていれば、そのアプリから警告は表示されるかもしれません)

スポンサード リンク


なぜ「ウイルス感染した」という表示がされるのか

では、なぜ「ウイルス感染した」という表示がされるのか、というと詐欺に導くためです。

ウイルス感染したと不安をあおった後に「セキュリティサービスセンターに電話してください」とメッセージをだし、電話をさせようとする詐欺集団が実はいるのです。

電話をかけてみると「サポートは有料になるのでクレジットカード情報を教えてくれ」などと指示してくるそうです。

しかし本当にクレカ情報を教えると、実際にはサポートせずクレカ情報だけを盗まれるというケースが多発しているのです。

他には「このアプリを入れてくれ」と、指示してくるのですが、そのアプリこそがウイルスであり、実は未感染である端末が本当にウイルス感染してしまうといケースが存在するのです。

再三言いますが、ネットブラウザを見ているだけではウイルスには感染しません。

ウイルスが端末に侵入する経路が存在しないからです。

ウイルスが入ったファイルやアプリをダウンロードし、かつそのファイルを開かなければ感染することはありません。

もっと込み入った話をすると、exeファイルと呼ばれる実行ファイルを開かなければ、ウイルス感染することはないのです。

そんな違法サイトを利用するよりかは、合法かつ安全なサイトで漫画を読みましょう。

漫画村はけっして安全なサイトではないのです。しかも、日本人は先進国の中でもネットセキュリティ意識が非常に低いと言われています。

付け狙われやすいんですよね。

漫画アプリを使えば無料で読める

漫画村を使う危険性を書いてきました。

本当に無料で漫画を読みたいのであれば、漫画アプリをダウンロードすることをオススメします。

ジャンプ漫画読める無料アプリ「ジャンププラス」

ジャンプ漫画が好きな人には「ジャンププラス」をオススメします。

ジャンププラスは、名前の通りジャンプ編集部が運営する漫画アプリ。

ハンターハンターやドラゴンボール、ワンピースなどが基本無料で読むことが出来ます。

インストールをしていない人は、インストール用ボタンを用意したのでご利用ください。

↓iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
ジャンププラスをインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
ジャンププラスをインストールする→

過去の名作やTwitterで話題の漫画が読める「マンガBAN!」

Amaziaという会社が運営している漫画アプリで、一昔前の名作漫画やTwitterで話題となっている漫画が読めます。

「サイコメトラーEIJI」「カイジ」「アカギ」といった過去の名作漫画を無料で読むことが可能です。

「お前はまだグンマを知らない」「王様ゲーム」「死役所」といった、ネット上で話題になった漫画が読めます。

↓iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
マンガBANG!をインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
マンガBANG!をインストールする→

ガンガン系の漫画が無料で読めるアプリ「マンガUP」

ロトの紋章や、荒川アンダーザブリッジなど、ガンガン系の名作漫画が読めるのが「マンガUP」

こちらも基本無課金で読むことが出来ます。

まだインストールしていない人はぜひインストールして見てください。

↓iOS(iPhone)を利用している方はここからダウロードできます
マンガUPをインストールする→

↓Androidを利用している方はここからダウロードできます
マンガUPをインストールする→

スポンサード リンク


-漫画, 無料で読む方法