感想記事 漫画

約束のネバーランド53話の感想!脱出者とシェルターの謎

2017/11/07

2017年9月4日発売のジャンプにて「約束のネバーランド」53話が掲載されましたね。

前回の最後で登場した男性。ミネルヴァ?かと思われていましたが、まったく違う人物であったことが明かされました。

ソンジュは農園から脱出した子供はいないと言っていましたが、ソンジュやムジカが知らないだけで実は過去にもいたようですね。

スポンサード リンク


グローリーベル農園から脱出したという謎の男は、「仲間や希望は不要だ」と言って地下シェルターから出ていくようにエマ達を脅迫。

複数の子供の仲間たちと一緒に脱出したという男性であったが、生き残ったのは自分だけという。

仲間を切ることで生き残った男性だからこそ、「仲間や希望は不要だ」と言うのだった。

脱出しようやく希望の光が見えかけていましたが、そうは簡単にはいかない展開になりました。

人間対人間の醜い戦いがはじまる?

今までは鬼側と人間の戦いが行われていました。

まあママという人間との心理戦が行われていたワケですが、あくまでママは鬼側の人間として登場していました。

子供対鬼側の大人という図でストーリーが進んでいたのが、今後は子供対鬼側ではない大人という図で心理戦が展開されるんじゃないかと思います。

彼にはカンタンにエマ側になってほしくはないですねー。

エマ側の敵として戦ってほしいですね。障壁となるようなキャラが無いとつまらないですから。

地下シェルターは誰が作ったのか

先輩が脱出したのは13年前で、少なくとも13年前からシェルターはあったようです。

そして無人の状態かつ食料が確保されていたので、あまりに古い時代からあった物ではないようです。

古い時代からあったのであれば、食料も食べられない状態になるかと思いますが、食べられる状態であればそこまで200年前や300年前からあるようなものではないのでしょう。

エマ達の時代が2045年なので古くとも50~80年前くらいからあったのではないかと思います。

1000年以上前から隔離された世界とのことですが、こんな施設をつくれるということは完全には隔離されていないのではないかと思われます。

鬼が支配する世界では、地下シェルターを作るような物資や技術を用意するのは無理でしょう。

人間の世界から、物資や技術を導入したんだと考えられます。

スポンサード リンク


おそらく作成したのはウィリアム・ミネルヴァだと考えられますが、なんの建造したのでしょうか。

鬼たちに対抗するための基地なのでしょうか?しかしそうであるならば、なぜ誰もいないのでしょうか?

13年間一人で過ごしていたとの話で、誰も訪れていなかったようなのでミネルヴァやその関連する人物も来なかったようです。

ということは完全に放置された地下シェルターであることが考えれます。

なぜウィリアムミネルヴァは放置されたシェルターに向かわせるようにメッセージを伝えたのか。

今後の展開がますます気になりますね。

約束のネバーランド 関連記事

【約束のネバーランド】ソンジュとムジカの正体とは?

約束のネバーランドのノーマンは生存or死亡?考察まとめ!

約束のネバーランドのミネルヴァとは何者なのか考察!

約束のネバーランドの感想&あらすじ(ネタバレ有)まとめ!

約束のネバーランドの鬼の正体を考察!人類との関係は?

約束のネバーランドのママは味方?レイは実の子供だった

約束のネバーランド1巻を無料で読む方法&感想まとめ!

約束のネバーランド2巻を感想と無料で読む方法紹介!

約束のネバーランド3巻を無料で読む方法!Zipは危険!

約束のネバーランド4巻の感想と無料で読む方法紹介!

スポンサード リンク


-感想記事, 漫画
-