感想記事 映画

プライベートライアンを無料視聴する方法&感想まとめ!

2017/11/07

プライベートライアンを久々に見ました。DVDも借りずに無料で見ました。

名作とだけいわれるだけあって、公開から20年近くたつ今でも、面白いと感じさせる名作でした。

ちなみに違法アップロードのものを見たわけではないですよ。

リスクなくちゃんとしたサイトで見れる方法と、久々に見たのでプライベートライアンを見た感想を書いていきたいと思います。

スポンサード リンク

プライベートライアンを無料で見る方法

動画配信サービスというのをご存じでしょうか。

ネットフリックスとかHuluなどの映画やアニメが見れるサイトですね。

今人気が伸びに伸びているU-NEXTという動画配信サービスがあるのですが「プライベートライアン」が無料で見放題で見れます。

月額1990円(税抜)で映画やドラマなど全てのコンテンツがスマホ、PC、テレビ、タブレットなどで視聴可能です!

はっきり言って一度使ったらもう手放せないサービスになりますよ。

「プライベートライアン」以外にも「エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」などもみることができるうえ、漫画や雑誌、音楽も利用可能!

登録本数が1万以上です。1990円でこのサービス内容ってちょっと異常です。

さらに、今なら1か月間は無料で、無料期間中だろうと有料2ヶ月目だろうといつでも簡単に解約できます。

試しに使ってみて、やっぱりお金払いたくないなーと思ったら解約しちゃえばいいんですよ。

というわけでオススメです、U-NEXT。

無料登録も簡単にできたので是非試してみてください!



U-NEXTの登録はこちら⇒

プライベートライアンの感想※ネタバレあり※

スポンサード リンク

プライベートライアンといえばノルマンディ上陸作戦

プライベートライアンで語るうえで外せないのが、ノルマンディ上陸作戦ですね。

あまりにリアル、あまりに残虐な戦闘シーンはやはり映画とはおもえません。

戦争体験をしている人が見ると「実際の戦闘となんら変わらない」と言われるほどリアルなようですね。

ノルマンディ上陸作戦のシーンを見ていると、マジで戦争には参加したくないなと思います。

集団的自衛権だの、北朝鮮の核ミサイル発射だの物騒な話がでてくる昨今ですが、本当に戦争は掟ほしくありませんね。

徴兵制度が日本に敷かれないでほしいです。

そして、あのような過酷な戦闘を私たちの祖父世代は実際に体験していたのかと思いながら見ると非常に感慨深いものがあります。

死にたくなかっただろうに....無念のまま死んでいった人たちは多いでしょうね。

船からの上陸時、銃の重さで戦闘にも参加できないまま死んでいった人たちはまさに戦争の無意味さや、無念の死というの表していると思います。

アパムとかいう名キャラクター

プライベートライアンには魅力的なキャラクターが多数登場しますが、アパムは何気に作品中の中で群をぬく名キャラでしょう。

他の登場人物らが戦闘の末バタバタ死んでいく中、たいして戦いもせずに最後まで生き残ってしまうので嫌いな人もいるのかなとは思います。

が、しかし、アパムは元々戦闘兵ではなく、地図作成や情報処理を担当するがために参加しており実践経験は皆無。

人を殺す事に慣れていなかったアパムの行動は、当然といえますね。

プライベートライアンは戦争の無常さを描いている作品ですが、アパムはその無常さを象徴するようなキャラだと思うんですよ。

誰かを殺したくて殺しているわけではなく、上からの命令で仕方なくついてきた。

だから、たとえ敵であっても同じ人間だから殺したくないし、仲間がたとえ死にそうであったとしても足がひるんで動けないとなってしまう。

戦争に参加するのは勇敢な人間ばかりではないということですね。

ジャクソンとかいう神を味方につける狙撃手

個人的にもの凄い気に入っているのが名狙撃手であるダニエル・ジャクソンです。

十字架に口づけし、確実に遠距離の敵を落とすジャクソンの姿は作中屈指のかっこよさです。

ジャクソンがいなければノルマンディー上陸作戦は成功しなかったでしょう。

かなり見せ場があるキャラなだけに、最後の最後で死んでしまうのは悲しかったですねぇ。

スポンサード リンク

-感想記事, 映画