漫画 無料で読む方法

透明人間の骨が面白い!今後の内容・展開が気になる!

2017/11/07

ジャンププラスで連載中の「透明人間の骨」

個人的にはかなり好みの漫画で、更新日がけっこう楽しみになりつつあります。

そんな「透明人間の骨」の感想を書いていきたいと思います。

スポンサード リンク


「透明人間の骨」のあらすじ

主人公の来宮花(くるみや あや)は父親が家庭内暴力を振るう環境の中育った。

花の父親は、花がゲームをしていると「観たい番組が観れない」とキレ、すぐ手を出そうとする。

それを母親が止め花のかわりに母親が殴られるという日常が繰り返されてきた。

友達と友達の父親が、仲むつまじくゲームを遊んでいる光景を見たとき、自分の家庭はほかと違うんだと痛感する。

父親の暴力は花が中学生になっても続いていた。

花には兄がいたが、兄は父親の暴力を無視しており花は兄を嫌悪していた。

家庭内暴力は当然の日常としてそこにあり、母親が殴られることもあまり気にしなくなっていた。

クラス内で起こるいじめ・暴力についても、どこか覚めた目で見ていた花。

そんな自分と、明るく接してくるクラスメイトの女友達との間には隔たりがあると感じるようになった。

誰もが過ごす青春を、人生を過ごせないんだと覚めて考えていた。

ある日、花は突然透明人間になれる能力を得る。

なんの前触れもなく得た花は、その能力をつかって父親を殺害する。

暴力をふるう人間がいなくなったことで、来宮家には平穏が訪れる。

父親の死にまったく触れない母と兄。

これでよかったんだと考えつつも、どこか居心地の悪さ(おそらく罪悪感からきている)を感じた花は一人暮らしを始める。

しかし罪悪感は消えず、父親の幻影を見続ける。

罪悪感を、父親の幻影を断ち切ることはできるのか。

スポンサード リンク


「透明人間の骨」の感想

一昔前のアニメを想起させる作風だ</4>

90年代後半から2000年代前半で放送されていたアニメに似たものがあるなぁと思います。

そのころのアニメって、エヴァの影響を受けた作風が多く陰鬱な内容が多かったです。

嫉妬や悩み、怒りや悲しみといった人間の黒くネガティブな感情を描く。そんな作風が多かったです。

「透明人間の骨」は同じような雰囲気を感じさせますねぇ。

ジャンププラス内のコメント欄を見ると「なにをしたいのかようわからん」「主人公の目的がわからない」といった感想を見かけます。

特に主人公の目的っていうのは無いと思います。

主人公が目的に向かって行動していく、というタイプの漫画ではなく「人殺しをしてしまった自分は生きていていいのか」という葛藤をえがいていく漫画なんだと思います。

少年漫画ではなく青年漫画的な内容ですね。

そしてその葛藤の描き方が「上手いなあ」と感じさる。

トーンをほとんど使わず、白と黒で表現されたモノトーン調の画面構成も、テーマに合ってると思います。

哲学的で深い内容が面白い

中学から高校に進級するときというのは、けっこう哲学的なことを考えたりする時期。

「自分はなんのために生きてるんだろう」とか「人生ってなんだろう」って考えたりしがち。

主人公は透明になるという人間ならざる能力を手にしてしまい、その能力を使って父親も殺してしまった。

自首しようにも、自分が殺した証明ができませんしね。

透明になれる能力を実際に見せたとしましょう。しかし、それが証拠にはならない。

透明になっていたワケだから、目撃した人間がいるワケでもなく物的な証拠もあるワケではない。

どれだけ悔やんでも悔やみきれないし、母親の幸せそうな顔を見ると正しかったようにも思う。

15歳の少女が抱え込むにはあまりに大きな悩みですよねぇ。

この悩みがどうなっていくのか、先が気になります。

悩みは解決されるのか、それとも解決されずに主人公がなにか解決とは違う答えを出すのか。

先が気になりますね。

※2017年オススメできる漫画を、当ブログで紹介しています。読む漫画無いなあと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくだい。※

2017年オススメできる漫画を厳選して紹介中!→

▼▼▼おすすめの漫画アプリの紹介もしてます。▼▼▼

漫画アプリGANMAの評価・詳細→

漫画アプリ マンガボックスの評価・詳細→

漫画アプリ ジャンププラスの評価・詳細→

漫画アプリCOMICOの評価・詳細→

漫画アプリ サイコミの評価・詳細→

スポンサード リンク


-漫画, 無料で読む方法
-